パチンコ実践:期待値なんてどうでも良いワケ

パチンコ攻略と言えばボーダーライン理論です。ネットに台の期待値情報が記載されていますが、実は「期待値なんてどうでも良いはず」です。パチンコは、「お金を払って楽しむゲーム」です。ネットに期待値が公開されているにもかかわらず、多くの方がボーダーラインを下回った台を打っているのは、「お金を払って遊んでいる」ことを受け入れている証拠です。「ボーダーラインがどうのこうの」と言いながら、ボーダーラインを下回った台を打っている「言うだけ番長さん」のほうが、みっともないですね。ボーダーラインを気にしていたら、前日夜に台を調査し、朝はやく並んで、釘調整が変わっていたら、即座に台探しに入り、なければ車を飛ばして次のお店へ駆け込むことになりますが、「本当にそんなことを休日にやりたい」のでしょうか。それはまさに仕事でやっていることですね。労力を考えたら、休日に単発の派遣アルバイトを入れたほうが、パチプロより稼げるのが現状です。「言うだけ番長さん」は、いい加減、目を覚ましましょう。本当に実践したいことは、ボーダーラインではなく、「休日を心から楽しむこと」です。負けても楽しかったといえる休日を過ごした人が、本当の勝利者なのですから。

パチンコを長時間実践する際のポイント

パチンコを長時間実践する際のポイントは、休憩しながら遊ぶことです。座ってハンドルを握っている姿勢は、短時間であれば何も問題ありません。しかし、長時間の実践を希望している場合は、定期的に休憩を挟むことをお勧めします。トイレを済ませたり、外に出て気分をリフレッシュしたりなど、短時間でも良いので休憩をした方が疲れは溜まりにくいメリットがあります。トイレや外に出て気分をリフレッシュする時間が数分程度であれば、店員に何も申し出ずに席を離れても問題ありません。しかし、食事やパチンコ店を少し離れるという場合は、店員に休憩を申し出る必要があります。休憩を申し出ずに長時間離席してしまうと、他の客が遊べない状態になります。ですから、しっかりと自分が休憩していることを店側と他の客に伝えるため、長めの休憩を取る時は休憩を申し出る必要があります。

パチンコを長く実践するために効果的な方法

パチンコを長く実践するために効果的な方法は、音量調整が可能な機種で遊ぶことです。近年販売されている台には、客が音量を調整できる機能が付いています。台のボタンを押すことで簡単に音量調整ができるため、長い時間遊ぶ時は音量を少し低い状態にしておけば、耳への負担を軽減できます。あまりに小さくしてしまうと、演出の醍醐味が薄れてしまうため、小さくするにしても音がきちんと聞こえるレベルにすることをお勧めします。台の音量の調節方法がわからない時は、店員に質問すれば教えていただけます。ただし、全ての機種で客が音量調整できるわけではありません。台を開けて調整できる場合もあります。パチンコは音声以外に液晶の映像も楽しめます。しかし、液晶を長く見ていると目に疲れ発生します。ですから、ずっと実践しているのではなく、休憩しながらの実践が必要です。